正社員で活躍したい!女性のための求人雑誌を活用した転職活動!

10年で変わったアルバイトと正社員の概念

「アルバイトなのに、社員の分まで働く」というような人に出会ったことがある。といったような、どの職場も一人は熱烈にアルバイトに注力している人がいます。
それを見て、「アルバイトなのに…。」と哀れんでいたり、「そこまで頑張らなくてもいいじゃない…。」などと思ってしまうことがある。
具体例を上げると、大学一年生の時に働いた100円ショップで、売上の会議があり、他の支店よりも低迷している自分の店を店長(店長もアルバイト)は気にして、「悔しくないの?」と全員に発破をかけたが、全く悔しくありませんでした。
「悔しくないです。だって、アルバイトですから。売上が高かろうが安かろうが、自分はなんにも気にしないです。」という勇気もなく、「そうですね。」と、相槌を打つしかありませんでした。
あれから約10年経って思うことがあります。何事にも注力できることがある人、悔しいと思うことができる人は、伸びるということです。10年前の自分のように、何事にも逃げ癖をつけてしまうと、どのようなことが起こるのか。
それは、今でもアルバイトのままであるということです。そんな惨事を繰り返す前に、もっと早く気がついて正社員になっておけばと後悔しています。
しかし、今では変わった事もあります。何も正社員が全てではないということです。好きなことをそのまま突き進めて、仕事にする人は強いということ。社員の分まで働く、あのバイト先の店長は、今どうしているのか。閉店したあのバイト先を思い返しながら、今でも、懐かしく思います。